名古屋の入国管理局に行ってきました。

日本国籍を持つとなかなかこんな場所に行く機会がないでしょうが、
私は在日外国人だから、在留資格(ビザ)関連で、関わらないといけないです。

昔交換留学生のときに行ったことがありますが、
それ以外は、在留資格の取得も行政書士の先生がやってくれたので、
自らで行くことがまったくありませんでした。

ただ今回は、仕事をなくして、在留資格の期限(8月中旬)が近付いているから、
直接どうすればいいかと聞きに行きました。

日本に住んで、日本で働く権利をもらう外国人は、大体、
日本人と結婚している人か、日本企業で長期契約社員や正社員として働く人です。
↑あくまで、私の知識範囲😅

在留資格をもらうには、結婚するか、仕事するかのどちらかですね。

私の場合、お仕事です。

背景としては、日本の企業で正社員として働いていましたが、
様々な理由で、やめました。

その後別の会社で、正社員雇用を前提に、働きましたが、
結局向こうからはそのつもりがなかったみたいです。
契約社員としても必要じゃなくなりました。

名古屋の入国管理局

まぁ正直この会社もいろいろストレスがあったので、悪いことではないですが、
タイミングは困ります😅

就活しても企業の連絡がまだだったり、断られたりするので、見込みがありません。
8月半ばが危なく近付いているから、とにかく入管局へ情報収集してきました。

まだ日本に住みたいから、フランスに帰る予定がないですが、
違法に居るわけにはいかないです!(当たり前)

観光ビザへ変更する申請ができるそうで、こちらの手続きをやる予定です。
通ったら、いい会社が見つかるまで、最大3ヶ月の余裕が与えられますが、
やっぱり不安です😳

本当に不安で辛い時期ですが、乗り越えるしかないでしょう。

「自由」がまったくないと実感できました。
ただ居たいって理由で居させないです。

日本人と結婚してやる!って思います(笑)

フランスの入管局の雰囲気がどんな感じかとすごく気になります。
その国籍の国に住んでいるとなかなか在留資格って問題がないでしょうが、
海外に住んだことのある人なら、よく経験しているものでしょう。

フランス人だから観光ビザも、就労ビザも、パキスタンやインドネシアなどに比べてまだマシだろうが・・・
本当に不自由ですね。

日本で仕事を楽しめる夢は正直絶望しているから、出されている課題みたいです。

来日したのは、10年間ぐらい前の夢を実現したことですが、
本戦はまだこれからですね。

毎年、3年毎にビザを更新しなくては、やっぱり安心できません。

※上記個人的な知識・意見・感想に基づいた文章です。
※詳細・情報確認は入国管理局ホームページでお願いします。

追記
名古屋入国管理局を出たら、大きな鳥が青空を飛んでいることに気付いたけど、「鶴?」と思ったが、どうやらアオサギでした。鶴ではなくても幸運を招くだろうと勝手に解釈しました✋(笑)

📎この記事の続きはこちらです↓
再び入国管理局へ。行政との戦い。